旋盤加工130514

旋盤加工のビビリとは?


旋盤加工130514

旋盤で部品を加工する際に「ビビリ」という現象が起きることがあります。
ビビりという現象は、その字のごとく、ビリビリという音がして震えるような状態になります。この現象は、一度の切削で切削の量(切込み深さ)をそれぞれの材料にある基準値を超えた際に起こります。切削工具は切削する際に多かれ少なかれたわんでいるのですが、切削量が多い場合、たわみが多くなり、工具がそのたわみを戻そうとします。この時のたわんでは戻りという動作が共振として起こり、ビビリになります。

精度の高い部品加工には、材料に対する知識と切削に関する経験が必須です。

安くて短納期の部品加工業者をお探しの場合は当社にお任せ下さい。