ボール盤

ボール盤で穴あけやタップの部品加工


ボール盤

機械部品の部品加工の工程には穴あけ、座ぐり、きりもみ、皿もみ、リーマ通し・ねじ立て・中ぐり・もみ下げなどがあるのですが、このような加工はボール盤という工作機械で行われるのが一般的です。
鋼材への穴あけ加工やタップ加工は主軸が安定したボール盤で行うのがきれいに仕上がります。

きれいな穴のあけ方としては、まず初めに細い径のドリルで穴あけを行い、徐々に径を大きくして、希望の穴のサイズまで広げていきます。

穴をあけるための工作機械をお探しの場合やボール盤で穴あけやリーマ加工、タップの部品加工をご検討の場合は当社にご相談ください。