金属加工

金型について


金属加工

金属部品のプレス加工には、金型が必ず必要となります。
金型はその名の通り、アルミなどの金属やプラスチックやゴムなどの樹脂を成形加工する際に必要な金属でできた型ですが、
金属加工と樹脂加工とでは、使用用途が大きく変わります。

まず金属加工では、プレス加工のように材料に大きな力を加えて、金型の形に変形させる用途として使用されますが、
樹脂加工では、加熱したプラスチックなどの材料を金型に押し込んで、金型の形に成形する射出成形などに使用されます。
金属加工の加工の一つに、この射出成形のように熱した金属を型に流して成形する「鋳造」といわれる加工がありますが、鋳造に使用される型は金型とは別に「鋳型(いがた)」と呼ばれます。

一言に金型といっても、材料や加工方法によって複数の型に分類されます。
せん断加工・曲げ加工・絞り加工などのプレス用の型をはじめとして、
鍛造用・鋳造用・プラスチック射出成形型・圧縮成型型・ガラス型・ゴム型など様々です。

同じ形状の部品を大量生産するには、製作する部品に合った金型をまず作成する必要があります。
当社では関連工場などと協力し、金型を安く製作することが可能ですので、初期製造コストを抑えることが出来ます。
プレス機を使った部品の大量生産から、単品・小ロットの部品加工は、大阪の部品加工会社のフェックにお任せください。