金属加工の下準備

金属加工の下準備


金属加工の下準備

部品加工を行うには、材料を機械加工する前に下準備が必要となります。
まずは設計図などから必要な材料を選定するところから始まり、
次に旋盤フライスマシニングセンタなどの機械にかける前に、材料を切り出す作業を行います。

材料を切り出すのに使用する工具には、様々な種類があります。
板状の金属を切り出すには、帯のこ盤というものが使われます。
棒状のものを切り出す場合は弓のこ盤、小さい材料を切るための手のこ、
他にも薄い板を綺麗に切断するための足踏み切断機や、
アングル材やパイプなどの肉厚が薄い材料を短時間で切断できる高速切断機、
熱を使って切断するガス切断などがあります。

アルミなどの金属加工の材料は、初めから加工に適したサイズや形状で売っているわけではありません。
簡単な加工といっても、これら複数の鋸の中から最適な工具を使った切り出し等の下準備が必ず必要になるのです。