切削加工

切削加工とは


切削加工
切削加工とは、ボール盤のドリルや旋盤のバイト、フライスなどの工作機械を扱って
金属や樹脂などの被加工物から、不要部分を切り削って除去し、目的の形状にする加工方法のことを指します。
金属加工や木材加工、樹脂加工など多様な部品加工に用いられる一般的な加工手段です。

切削加工は、加工に使用する機械の名称で呼び方を区別することが多く、
主な加工では旋盤加工ボール盤加工中ぐり加工フライス加工、平削り加工、スロッター加工などが挙げられます。
また、マシニングセンタのように一つの機械で複数の切削加工が行える工作機械も開発されています。
部品加工の現場では、必要に応じて複数の工作機械を使い分けて加工を行います。

切削加工と言っても、上記のように複数の機械を使いこなす必要があるため、
多能工の多さが部品加工会社としての強みとなります。

切削加工の長所として、他の加工方法に比べて精度が良く、多種多様な形状の製品が作れるということが挙げられます。
応用範囲が広く、複雑な形状の機械部品の製作に重宝されている加工方法です。
短所としては、複雑になればなるほど、複数の工作機械を使うことになるため、
多くの刃物と機械を使うことによる時間とコストがかかってしまうことが挙げられます。

時間とコスト。
これらの短所を無くすには、素材の材料や工具の調達の手際や、
設計から表面処理まで一貫加工が行える環境と、豊富な工作機械が必要です。

弊社は全ての工程において無駄が発生しないように手順を常に見直し、
短納期かつ低価格で製品をご提供できる仕組みを構築しております。
大阪の金属や樹脂の切削加工はフェックにお任せください。

切削加工とは」への1件のフィードバック

コメントは停止中です。