旋盤加工

旋盤加工とは


旋盤加工
旋盤とは、金属部品加工にて切削加工を行う際に使用する工作機械の一つです。
主に、外丸削り、中ぐり、穴あけ、ねじ切り、突切りなどの加工が可能です。

使い方は、チャックと呼ばれる部分に円柱状の材料を固定し、
テーブルに固定しているバイトと呼ばれる刃物を使って切削を行います。
テーブルは、旋盤に付属している数個のハンドルを操作することで前後左右の方向に動かすことが出来ます。
そのハンドル操作によって、バイトの先端を材料に当てて切削加工を行います。

このような、手動操作による加工を行う機械を汎用旋盤と呼びます。
汎用旋盤とは別に、旋盤に数値制御装置を取り付けて、コンピュータによって制御が可能なNC旋盤なるものがあります。
NC旋盤で加工を行うには、プログラミングを行う必要があります。
プログラムされた寸法通りに正確に加工が行えるので、同じ形状の部品を大量生産する際には非常に便利です。
ただし、加工を行うにはプログラムは必須ですので、手間を考えた場合には、
汎用旋盤加工にて部品の製作を行った方が早い場合もあります。

旋盤加工において、綺麗に、かつ素早く部品加工を行うには、回転速度と切り込み量と送りを適切に調節することが大事です。
旋盤加工に慣れていないと、正確な寸法で加工を行うためには回転速度を抑えて作業する必要が出てきます。
その分、製品作りに時間やコストがかかってしまいます。
当社の部品加工の技術者は多能工揃いです。
いずれのスタッフも各種工作機械の扱いに長けていますので、短納期での製品の提供が可能です。
また、部品作りの製作内容に応じてNCと汎用を使い分けますので、お客様にとって最もコストを抑えた製品作りを実現しています。
大阪で金属加工会社をお探しのお客様、是非ともフェックをご利用くださいませ。

旋盤加工とは」への3件のフィードバック

コメントは停止中です。