フライス盤加工

フライス盤加工について


フライス盤加工
フライス盤とは、切削工具であるフライスを用いて、金属などの部品加工対象物に切削加工を行う工作機械のことを指します。フライスには、正面フライス、エンドミル、溝フライスなど多くの種類があります。

フライス盤は、弊社の金属加工でも、角引きや形状加工などの用途に多く用いています。
その際、金属は可動式のテーブルに固定して加工します。まっすぐ縦方向に穴を開けるボール盤マシニングセンタとは異なり、
フライス加工では、横方向へ動かして切削を行います。工具は交換可能になっており、様々な加工に対応しています。
また、一般的にはフライス盤は、手動によるハンドル操作で動かしますが、コンピュータによって制御する、
NCフライス盤・CNCフライス盤と呼ばれる機械もあります。
手動では直線的な加工のみ可能ですが、NCフライス盤の場合、縦横高さの3方向の動きを制御できるので、
曲線や曲面の切削が可能になります。

穴あけ加工や平面加工、段付け、溝加工、形状加工など、一台で多種の加工が可能な、
機械加工の現場で重宝される機械です。
大阪の金属加工は、フェックにおまかせください。