鉄加工

鉄が持つ表情


鉄加工
という材料は、いろんな表情をもつ金属です。
鉄自体は、非常に手に入りやすい素材です。
安価ですので、色々な製品の部品加工に使用されます。
酸化によって錆びやすい性質を持っていますので、加工状況に応じた表面処理加工を行い、サビを防ぐ必要があります。

鉄を使って金属加工する製品によっては、絶対に錆びてはならない設備に利用されるものもあります。
それらは、表面処理ではなくステンレス鋼が使われます。ステンレスはもともとは鉄で、錆び防止のためにニッケルやクロムを含ませています。

逆に、鉄を加熱した後、常温に戻る際、鉄の表面が酸化してできる黒色の酸化皮膜、これを「黒皮」というのですが、
これの独特の風合いを生かした部品が作られることもあります。
黒皮鉄は通常の鉄とは質感が異なり、錆びにとても強い特徴を持つ金属です。
味のあるモダンな雰囲気を持つ素材ですので、お部屋のインテリアなどにもよく利用されます。

このように、鉄には様々な表情があります。
ステンレスや黒皮鉄だけではなく、炭素量によって軟鉄、鋼、鋳鉄に分けられたりなど、鉄は必要な状況に応じて柔軟に使うことができる、
我々の生活に欠かせない素材なのです。