ボール盤加工

ボール盤加工とは


ボール盤加工
大阪市城東区にて部品加工を行っている当社での金属加工で使用する工作機械の一つに、ボール盤というものがあります。
短納期での部品加工はフェックにお任せください。
ボール盤とは、主にアルミなどの部品の工作物に穴を開けるために使用する工作機械です。
テーブルに加工を行う素材を設置し、主軸に取り付けたドリルやリーマなどの切削工具を回転させ、
主軸を下げて工作物に穴あけ加工を行います。

当社ではボール盤を使った機械加工の際、「タップ加工」という加工をよく行います。
このタップ加工というのは、部品にネジ穴を加工する事をいいます。
雌ねじを作るときに使用されるのがタップという工具となり、ここでいうタップ加工は、雌ねじのねじ切り加工の事を指します。

この作業を行うことにより、ナット止めが出来ない部品などにねじ止めが可能になります。
大型の製品作りを行う際には、多くの部品が必要となりますので、タップ加工はほとんどの部品に行う事となります。

タップ加工の手順を紹介すると、

・素材をテーブルに固定

・ねじ穴を作るための下穴を開ける

・ねじ穴が低い先タップを使って加工

・ねじ穴が高い中タップを使って加工

・仕上げタップを使って加工

これで一つの雌ねじの加工が完了です。
あとはこの作業を繰り返し、必要な分の穴あけ加工を行います。

他にも、ボール盤を使った加工は、穴あけ、座ぐり、きりもみ、皿もみ、リーマ通し・中ぐり・もみ下げ等があります。
タップ穴ひとつ開けるにも、集中力を切らしたり、技術が足りないと、工具を折ってしまったり、
加工部品をダメにしてしまったり等のトラブル発生の原因となってしまいます。
当社ではボール盤やその他工作機械を使用した部品加工の記事をアップしております。
金属部品の加工は私たちにお任せください!