研磨処理・バリ取りもお任せください


当社フェックでは、社屋に加工場を設け、旋盤・フライス盤・ボール盤・研磨機・NC工作機械・マシニングセンタなどの工作機械を設置しております。

研磨処理の種類も多様に対応しており、バリ取りやスケールの除去からブラスト処理、鏡面仕上げや光沢仕上、R付け、精度向上研磨の他にもアルマイト処理やメッキ処理、コーティングなど、お客様のご要望に合わせた表面加工処理が可能です。
また、当社では自社加工のため、短納期や他社の省力化機械のパーツのみの注文にも対応が可能です。

切削加工とは、アルミや鉄などの金属材料を、フライスや旋盤・マシニングなどの機械を使って切り削る加工を指します。
切削加工を行うと、削りくずやバリ(ギザギザの出っ張り)が発生いたします。

寸法通りの綺麗な部品加工を行うためには、切削加工によってできた削りくずやバリを除去しなければなりません。

削りくずやバリは、目に見えないほど小さなものでも部品の固定などに影響が出ます。
そのため、切削加工後はやすりなどで研削や研磨などのバリ取りが必須となります。

切削加工、表面加工処理をご希望の方は、ぜひ当社にご相談ください。

その他、大規模な省力化機械の導入から小さな機械の改造工事まで、豊富な実績がございますので、省力化機械や省力化装置の導入はもちろん、部品についてのご相談は大阪のフェックにお気軽にお問合せください。