改造工事の際に部品点数を削減することも可能です


省力機械には、多くの部品が使用されています。

しかし、機械が複雑になるほど、ビス・ナット・ワイヤーなどの部品点数が多くなり、メンテナンスが難しくなります。
段取り替えの際にも時間がかかったり、特定の人でないと作業ができないといったケースございます。

更には、部品点数が増えることにより、スペア在庫が増えますので、管理が面倒になるといったデメリットもございます。
部品に限らず、過剰な在庫はなるべく抱えたくないですよね。

そういった場合は、改造工事の際に部品点数を削減してみてはいかがでしょうか。

当社フェックでは、1970年の創業より大規模な省力化機械の導入から小さな機械の改造工事まで、豊富な実績がございます。

そのため、省力化機械は製作時のコストとランニングコストをバランスよく考え、トータルで安く省力化機械を製作することが可能ですし、現在お使いの省力化機械や装置の部品が多くてお困りの場合は、改造工事で部品点数を削減できることがございます。

省力化機械や省力化装置の導入はもちろん、部品点数の削減のご相談は大阪のフェックにお気軽にお問合せください。