熱による伸び量を考慮して材料を加工する


鉄などの材料は、熱による影響を受けます。

たとえば、電車の線路は、真夏の暑さで変形してしまう程です。

そのため、材料を加工する際は熱による伸び量を考慮し、つなぎ目や隙間などを考慮して設計しなければなりません。

熱による伸び量は、【線膨張係数×元の長さ×上昇温度】という計算で算出することができます。

材料加工や部品製作には、知識と経験がものをいいます。

当社では、1970年の創業以来、大規模な省力化機械の導入から小さな機械の改造工事、部品加工まで豊富な実績がございますし、社屋にある加工場では、旋盤・フライス盤・ボール盤・研磨機・NC工作機械・マシニングセンタなどの工作機械を設置し、職人が省力化機械の部品を加工しております。

また、コスト削減のご相談をいただければ、部品加工の内容を調整してコストを下げることも可能ですし、短納期をご希望の場合は、大阪市内であれば最短1日で納品できるケースもございます。

部品加工を依頼できる業者をお探しの方は、ぜひ当社にご相談くださいませ。