試作機のトラブル解決には短納期の部品加工


試作機のトラブル解決

省力化機器を導入した商品の製造工場では、新しい商品を量産する際には新しい省力化機器を導入することになるのですが、それらの省力化機器は一品一葉であることが多く、量産モデルを製作する前に、プロトタイプの試作機を製作することになります。

短納期が求められる試作機の製造

最終的な商品の量産には、省力化機器の量産にも成功しておく必要があるのですが、まずは試作機を製作して、正常に商品の量産が出来ることを確認できておかなくてはなりません。一般的に商品の量産開始のスケジュールは定められており、少しでも早く試作機が完成しておく必要がありますので、試作機の製造には短納期が求められます。

迅速な部品製作の必要性

試作機が完成するまでには様々なトラブルが付き物です。設計通りに動かなかったり、想定外の問題が発生するなど、多くのトラブルが発生するのですが、それらのトラブルの一つ一つを早急に解決する必要があるのですが、解決するためには、試作機械の設計変更を行うことになりますので、あらなた機械部品を短納期で必要とします。

大阪から全国へ短納期で部品を納入

私たちは試作機を構成する金属部品の加工を短納期で大阪から全国へ発送しております。早急な試作機のトラブル解決には短納期での部品納入が必須です!