設備メンテナンスでトラブルが起きる前に部品交換しませんか?

設備メンテナンスでトラブルが起きる前に部品交換しませんか?


設備メンテナンスでトラブルが起きる前に部品交換しませんか?

産業設備は納入された後、工場の現場で生産管理の方などが機械の微調整などを行う事があるのですが、機械設備が古くなると、部品が錆びてしまったり、ボルトの頭が潰れてしまったりと、機械の調整箇所の部品が劣化し、ひどい場合には、生産設備を停止しかねないトラブルになってしまう事もあります。

事前に部品の交換をする

「ちょっと部品が劣化してきたな」と思っても、なかなか部品を交換しようという気持ちにはなりません。「まだ使えるしね」と思っているという事があるからです。しかし、万が一部品が壊れてしまったら、生産設備が停止し、大きな損害が出てしまいます。
事前に部品交換をすることが、大きな損害を招くことのない安全な手段だと言えます。

メーカーの部品が高い

部品交換に二の足を踏んでしまう原因として交換部品のコストが高いという事もあります。そんな時は当社にご相談ください。当社であればオリジナルの加工部品も短納期・低価格で製作することができます。