部品加工現場における安全に対する取り組みのまとめ


部品加工の安全への取り組み

世の中の安全に関する取り組みは時代と共に進化して参りました。
自動車業界では運転に関する技術をより安全にするために、運転者をサポートする様々な技術が開発されており、より自動車事故を減らせるような機能を備えた車が販売されております。
部品加工の現場もまた常に危険と隣り合わせで、加工機の操作を誤れば重大事故につながることも珍しくありません。部品加工の料金を安くするように求められる中で、安全に対する取り組みを疎かにすれば、大切な人を失ってしまい工場に未来はないでしょう。
当社では安全に対する取り組みを怠ることなく、常に最適な部品加工の取り組みを模索していきます。

部品加工の事故の例を知る

過去の事故例をできるだけ多く学ぶことで事故の予測ができる。
機械加工の際に起こりうる多くの事故を知り、危険の回避に努めたい。

事故例のリンク

後遺症が残るような致命傷や入院するような大けが,あるいはそれ以上の事故である。例えば,体の一部が機械に巻き込まれる事故,運転している機械や刃物に接触する事故,さらに勢いよく飛んでできた部品や工具が体に当たる事故などであり,指の切断や骨折,失明などが考えられる。このようなけがの主原因は,集中力の欠如であろう。そして,危険であることを知らないことは,集中力欠如の原因となる。続きを読む

機械作業の一般的安全の心得

2,500事例以上ある「労働災害事例」と「ヒヤリ・ハット事例」(厚労省委託事業)の中より、機械災害防止に焦点を絞り、機械が起因物となった「労働災害事例」22件と「ヒヤリ・ハット事例」5件を精選しました。続きを読む