放電加工

放電加工による量産部品の加工コスト削減


放電加工先日、三菱電機さんが汎用数値制御(NC)装置を搭載した細穴放電加工機を発表しました。オプションの電極自動交換装置を使うことで、穴径の異なる穴の連続加工にも対応し、生産性を高め、自動車のほか航空機や医療機器の部品加工ニーズを取り込むそうです。この様な機械が一般的になれば放電加工は量産部品を作るための加工方法ですので、更なる量産部品の製造コストの低下が見込まれます。
当社でも放電加工による部品加工のご依頼を受け付けております。量産部品のコスト削減をご検討の場合はお気軽にお問合せ下さい。