導通検査装置の製作


導通検査装置

モニターやテレビ、中でもタッチパネルの需要が増え、当社にもシートタイプのプリント基板の導通検査を行うための装置の製作依頼を多くいただいております。シートタイプのプリント基板の導通検査装置をご検討の場合は、大阪の株式会社フェックにお問合せ下さい。

導通検査装置は電子部品の断線、短絡、誤配線を確認する上で非常に重要な装置です。導通検査 (Continuity Test)は一般的に画像処理・高精度センサー等を用いで製作します。ワークによっては穴あけ加工を行っての位置決めをしたり、検査後にシートを分割する工程を入れる場合もございます。

大阪で導通検査装置の部品加工や市販品調達、電気工事・組立作業でお困りの場合はぜひお問合せ下さい。