メカロック

メカロックを使用した産業機械の部品加工から組み立て


メカロック

産業機械の部品に軸受とハブを締結する際に、軸受やハブにキーが入る加工を施すのですが、キー溝加工の工程と、組立時のすりあわせによる調整にはコストや手間が必要になります。

そこでメカロックという部品を使用すれば、上記の手間やコストをかけることなく、締結が可能になります。メカロックとは、ボルトの締付力をテーパー面を介することで内径側と外径側への面圧に変え、軸とハブを強固に締結する摩擦締結具です。

軸受とハブの負荷を計算した上で、最適なメカロックを選定すれば、メカロックはボルトを締め付けるだけで取付できますので、キーを入れる構造では不可能だったハブの位相合わせが可能になります。

メカロックを使用した産業機械の部品加工から組み立てをご検討の場合はお気軽にご相談ください。