ブルームとは形鋼をつくるための素材です

機械を作るうえで欠かせない形鋼ですが、形鋼になる前の状態をブルームといいます。

製鐵所で連続で鋳造(ちゅうぞう、英: casting)する機械で裁断する際の断面形状で、ビレット、ブルーム、スラブと分けられます。

形材・管材になる

ブルームは形材・管材になります。形材とはH鋼やI形鋼などの力学上使いやすい鋼材のことで、最近では、省力化機械の部品として多用されるアルミフレームなども形材になります。
管材は筒状になった鋼材で、搬送の用途で使用されるような部品や、注入するための管などに利用されます。