材料の表面加工処理について


部品加工する際には、材料の保護や機能性の向上を目的として表面を加工処理を施します。

表面加工の中でも幅広く用いられているのが、電気めっきです。
亜鉛(Zn)めっき、クロム(Cr)めっき、金(Au)めっきなどがあり、金属皮膜を適切に付与できる上に安価なため、自動車・コンピューター・通信機など、幅広い用途で用いられています。

その他には、防食性に優れている溶融メッキ、化成処理(リン酸塩皮膜処理、クロメート処理)、塗装、容射、表面熱処理法といった表面加工処理法がございます。

どの表面加工処理を施すかは、材料の適性や用途・目的によって決定します。

当社では、省力機械の設計や組み立ての他、部品加工のご注文も承っております。
社屋の2階に加工場があり、旋盤・フライス盤・ボール盤・研磨機・NC工作機械・マシニングセンタなどの工作機械を設置しておりますので、短納期や他社の省力化機械のパーツのみの注文にも対応が可能です。

省力化機械や省力化装置の導入はもちろん、部品についてのご相談は大阪のフェックにお気軽にお問合せください。