使用用途に合った材料を選定する


使用用途にあった部品製作・部品加工をするためには、材料の選定が重要となります。

そのためには、材料自体がどんな性質か・加工したらどうなるのかといったといった材料知識も大切となります。

しかし、材料は熱によって組織が複雑になったり、見た目だけでは判別がつかないケースもございます。

そういった場合は、やはり経験ものをいいます。

当社では、1970年の創業以来、大規模な省力化機械の導入から小さな機械の改造工事、部品加工まで豊富な実績がございますし、社屋にある加工場では、旋盤・フライス盤・ボール盤・研磨機・NC工作機械・マシニングセンタなどの工作機械を設置し、職人が省力化機械の部品を加工しております。

また、コスト削減のご相談をいただければ、部品加工の内容を調整してコストを下げることも可能ですし、短納期をご希望の場合は、大阪市内であれば最短1日で納品できるケースもございます。

部品加工を依頼できる業者をお探しの方は、ぜひ当社にご相談くださいませ。