カテゴリー別アーカイブ: 未分類

材料の表面加工処理について

部品加工する際には、材料の保護や機能性の向上を目的として表面を加工処理を施します。

表面加工の中でも幅広く用いられているのが、電気めっきです。
亜鉛(Zn)めっき、クロム(Cr)めっき、金(Au)めっきなどがあり、金属皮膜を適切に付与できる上に安価なため、自動車・コンピューター・通信機など、幅広い用途で用いられています。

その他には、防食性に優れている溶融メッキ、化成処理(リン酸塩皮膜処理、クロメート処理)、塗装、容射、表面熱処理法といった表面加工処理法がございます。

どの表面加工処理を施すかは、材料の適性や用途・目的によって決定します。

当社では、省力機械の設計や組み立ての他、部品加工のご注文も承っております。
社屋の2階に加工場があり、旋盤・フライス盤・ボール盤・研磨機・NC工作機械・マシニングセンタなどの工作機械を設置しておりますので、短納期や他社の省力化機械のパーツのみの注文にも対応が可能です。

省力化機械や省力化装置の導入はもちろん、部品についてのご相談は大阪のフェックにお気軽にお問合せください。

材料選定に欠かせない品質・コスト・納期

材料を選定する際は、品質・コスト・納期の条件を満たしているかということがポイントとなります。
いくら品質が良くても、予算を大幅にオーバーしていると継続が難しいでしょうし、品質とコストに問題がなくても納期に間に合わなくては話になりません。

材料に関してましては、市場の価格の把握や広い知識、作業をスムーズに行えるだけの経験が影響いたします。

当社フェックでは1970年の創業より、部品加工から省力化機械の企画・設計・製造・据え付けまで一貫して対応しておりますので、材料や部品加工に関する知識も豊富です。
そのため、お客様のご要望に沿ったご提案をすることが可能です。

また、社屋2階には加工場があり、旋盤・フライス盤・ボール盤・研磨機・NC工作機械・マシニングセンタなどの工作機械を設置しておりますので、短納期や他社の省力化機械のパーツのみの注文にも対応が可能です。

そのため、『省力化機械の一部の部品だけが欲しい』『省力装置のパーツを取り換えたい』『省力化機械の部品が壊れてしまった』『パーツや部品だけを短納期で製作してくれる業者を探している』とお悩みの場合は、ぜひ当社フェックにご相談ください。

金属加工の切断法について

金属加工には色んな切断法がございます。
主な切断法の例としましては、ガス切断やレーザー切断などです。

■ガス切断
ガスと酸素で鉄板を溶かして、吹き飛ばす切断法。
燃料ガスには、アセチレン・プロパン・天然ガス(LPG)などが用いられます。

安くて簡単といった特徴があり、ランニングコストに優れている。

■プラズマ切断
アーク放電を用いた切断法。
プラズマアーク方式と、プラズマジェット方式があり。

非鉄材料にも適応可能で、切断できる板厚の範囲も広い点が特徴。

■レーザー切断
レーザーとアシストガスによって、材料を溶融・蒸発させる切断法。
主に炭酸ガスレーザーとYAG(ヤグ)レーザーがあり。

レーザーの出力などを適切に制御することで薄板や精密な切断が可能。

いずれにしましても、材料との相性や特性を理解する必要がございます。

当社フェックでは、部品加工や部品のみの制作も承っております。
当社の社屋2階には加工場があり、旋盤・フライス盤・ボール盤・研磨機・NC工作機械・マシニングセンタなどの工作機械を設置しておりますので、短納期や他社の省力化機械のパーツのみの注文にも対応が可能です。

『省力化機械の一部の部品だけが欲しい』『省力装置のパーツを取り換えたい』『省力化機械の部品が壊れてしまった』『パーツや部品だけを短納期で製作してくれる業者を探している』とお悩みの場合は、ぜひ当社フェックにご相談ください。