軸受架台

軸受架台の部品加工


軸受架台

今回の部品加工の事例紹介は軸受架台です。
軸受架台は、字のごとく軸受という精密な機械部品を支えるための部品ですから、設計上必要な強度や精度が求められる部品です。溶接の技術が取り付け面と軸受を取り付ける面の精度に影響するために、熟練の技術な部品でもあります。

軸受架台の精度について

今回の部品は軸受を取り付ける面と、機械に設置する面、さらにはもう一つの軸受架台との関係が成り立つ精度で仕上がる必要がある部品です。このような加工には経験と熟練の技術が必要になりますが、当社の加工職人であれば問題なく仕上げることができますので、精度に対しての問題はございません。

軸受架台の加工納期について

軸受架台の加工納期については、資材調達から溶接加工と部品加工、その後の表面処理の納期が必要なのですが、当社ではほとんどの工程を自社工場で対応できるため、複雑な工程があったとしても、短納期で対応することが可能です。