スタンド

鉄のスタンドのアーク溶接加工 大阪


スタンド
大阪のお客様より、SS400を使用した、のスタンドの金属加工依頼をいただきました。
部品製作を行うにあたり、フライス盤やアーク溶接、マシニングセンタやボール盤など、様々な工作機械を使用して加工を行いました。

【工程】

  1. フライス盤による角引き
  2. アーク溶接による溶接加工
  3. フライス盤による形状加工
  4. マシニングセンタによる穴加工
  5. ボール盤を使ってタップ加工
  6. フラッシュメッキを用いた表面処理

綺麗に溶接を行うには、溶接時に歪みが無いように、直角度に気を付けて加工を行うことが大事です。
熟練のスタッフによる溶接は、出来上がった部品を一度手に取ってみて頂ければ、違いが一目瞭然です。
是非溶接加工は弊社にお任せください。