部品加工に関するお悩みはございませんか?

鉄について


鉄
以前、アルミについての記事を掲載いたしましたが、今回のテーマはです。
鉄もアルミと同様、鉄と一言で言っても、種類は様々です。
金属加工の現場で使用されることが多い鉄の種類をご紹介したいと思います。

○SS400
通称、ナマと呼ばれる鉄材です。一般的に金属加工の使用頻度が高く、
当社の部品加工の材料としても度々使用しています。
特性としては、靱性に優れた鉄材で、冷間加工や溶接などの加工が容易に行うことが可能です。
切削も容易に行うことが可能だが、溶着しやすい性質をもつので、表面がボロボロと粗くなりやすく、
表面をきれいに仕上げるには相当の技術が必要となります。
使用用途としては、比較的強度を必要としないフランジ、ピン、ボルト、ナット、レバー、軸類、歯車などが挙げられます。

○S45C
機械構造用炭素鋼や、硬鋼とよばれる鉄材です。名前の通り、強度が高い鉄ですので、強度が必要な部品の加工に使用されます。
熱処理により機械的性質が向上し、多くの加工用途で使用されます。
SS400と比べて、倍くらいの強度があります。
特性としては、冷間加工性や溶接性はやや悪く、切削性は良好です。
軸やピンなどの研削加工においてよく加工される鉄材です。

他にも、SM材、SB材など、様々な分類に分けられます。
鉄は、錆びやすいという特徴を持ちますが、炭素含有量や熱処理の仕方によって、
材料強度や耐食性、耐熱性、磁気特性、熱膨張率などを変えることができるため、
様々な加工で活躍する素材です。

鉄を使った金属加工や、鉄板を使った板金加工など、当社では様々な鉄の部品加工を承っております。
金属加工は当社にお任せください。