ベアリングブラケット

鉄(SS400)のベアリングブラケットのアルゴン溶接加工 奈良


ベアリングブラケット
奈良のお客様より、鉄材(SS400)を使用した部品の金属加工依頼を頂きました。
ベアリングブラケットの部品製作となります。
アルゴン溶接を行い、マシニングセンタとボール盤を用いて機械加工を行いました。

【工程】

  1. フライス盤を使って角引き
  2. アルゴン溶接による溶接加工
  3. マシニングセンタを使って形状加工
  4. マシニングセンタを使って穴あけ加工
  5. ボール盤を使ってタップ加工

無電解ニッケルメッキ加工を表面処理として施しております。
ベアリングをはめ込むこととなる、H7穴の加工については、
実際にベアリングをはめ込み、合わせて嵌めあいを確認いたします。
組立も社内で行っている為、在庫として色々な部材があります。
それを利用することで、実際にお客様が使用される環境を再現した上での確認が可能です。