ブラケット

鉄のブラケットの溶接加工 三重


ブラケット

三重のお客様より、鉄材を使用したブラケットの部品加工のご依頼を頂きました。
使用材料はSS400です。
フライス盤を使用した加工と、アーク溶接が中心の加工となります。

【工程】

  1. フライス盤にて切削加工
  2. 切削した鉄材をアーク溶接
  3. フライス盤にて形状加工
  4. マシニングセンタにて穴あけ加工
  5. ボール盤にてタップ加工

表面処理には白上げ加工を行っています。
溶接の際に、溶接棒が金属に対して直角で当たっているか、
加工時にはきちんとした寸法が出ているかチェックしています。
溶接は加工職人の腕の見せ所です。綺麗に溶接できているかだけでなく、製品品質を最優先して加工を行っています。