ロボシリンダベース

鉄のロボシリンダベースのマシニング加工 名古屋


ロボシリンダベース

名古屋のお客様より、鉄材を使用したロボシリンダベースの部品加工のご依頼を頂きました。
鉄材はSS400を使用しております。
マシニング加工が中心の加工となります。

【工程】

  1. マシニングにて形状加工
  2. マシニングにて穴あけ加工
  3. ボール盤にてタップ加工

表面処理にはフラッシュメッキ加工を施しています。
マシニングとボール盤のみの単純な加工ですので、時間をかけず加工が完了するように段取りを工夫しています。
材料購入の際は、ファインカット材を購入するか、角引きを行うか、費用対効果をきちんと考え、
お客様にとって最も負担がかからない方法で材料選びを行います。