ss400とs45cはどちらを使えばいいの?

ss400とs45cはどちらを使えばいいの?


ss400とs45cはどちらを使えばいいの?
お客様からのお問合せで「ss400とs45cはどちらを使えばいいの?」という質問がございました。一般的に知られているのは、強度が必要な部品にはs45cで特に強度を必要としない部分にはss400と考えておられる方もいらっしゃると思います。
そこで今回はss400とs45cの特徴をご案内させていただきます。

鋼材は、日本工業規格 (JIS) により、最低引っ張り強度が指定され、建築などに使われる一般構造用圧延鋼材(SS材)と、C(炭素)含有量を規定し、機械や装置に使われる機械構造用炭素鋼材(SC材)が存在します。

s45cは機械構造用炭素鋼鋼材

炭素を含んでいて、堅い性質があり、機械の部品に使われます。
45という数字は、炭素の含有量0.45%を示しています。
そのほかにもS45CなどSxxCのxx部分の数字が炭素の比率を表しており、
S20CからS55Cが機械部品として使用される材料として一般的に利用されています。
実際にはこの部分はある程度の幅があります。実際によく使われる鋼種としては、S20CからS55Cあたりで、機械の部品・部材を中心に幅広く使われる材料です。
機械構造用炭素鋼鋼材は鍛造、切削、引抜きなどの加工と熱処理を行って所期の性質を得て、機械部品に仕上げられる炭素鋼鋼材です。

ss400は一般構造用圧延鋼材

一般構造用圧延鋼材はビルや橋などの建設材料に使われる物です。
400は強度(引っ張り強さ)を示しています。
広く流通している材料で価格が安いので建築構造物をはじめ、多くの機械装置で使用されています。
その他の一般構造用圧延鋼材にはSS330,SS490,SS540があり、SI単位の導入前では
SS34、SS41、SS50、 SS55 という表記でしたので、古い本にはこちらの表記がされています。

ss400やs45cの部品加工はお任せ下さい

当社ではss400やs45cなどの機械構造用炭素鋼鋼材や一般構造用圧延鋼材の機械加工を行っております。ベテランの職人が短納期で仕上げ、大阪より全国に発送させていただきます。