スタンド

鉄のスタンドの金属加工 三重


スタンド

三重のお客様よりご依頼頂きました。
鉄の金属加工で溶接からフライスによる形状加工、マシニングによる穴加工などの加工を行います。

【工程】

  1. フライスにて角引き
  2. アーク溶接にて溶接
  3. フライスにて形状加工
  4. マシニングにて穴加工
  5. ボール盤にてタップ加工

材料には鉄材であるSS400を使用し、表面処理としてパーカー処理を施しております。
少々重い部品のため、段取りに気をつけて加工を行います。
溶接痕を綺麗に仕上げることにより、無駄な溶接棒の使用を減らすことができます。
それにより作業効率が上がり、短納期で価格も安く仕上げることができます。