溶接加工をご検討の方が知りたい費用について

溶接加工をご検討の方が知りたい費用について


溶接加工をご検討の方が知りたい費用について
当社には大阪以外にも全国から溶接加工の費用に関するお問合せをいただきます。

中でも、アルゴン溶接のような難易度の高い溶接の費用は一般的には高く、加工費の安い当社にも多く引き合いのお問合せをいただきます。

溶接費用は一般的に

溶接工程における投入量として,溶接設備,溶接材料および溶接労働力を金額で表示して単位継手長当たりの金額を求めることがよく行われる。http://www-it.jwes.or.jp/qa/details.jsp?pg_no=0010010280

当社でも例外ではなく、同様の算出方法で計算しますので一般的に溶接に掛かる費用というのは大きく変わりません。

溶接部品のコスト1点を抑えるという考え方から、設計図レベルでの部品コストの見直し

溶接部品は寸法が出にくい部品ですので、機械部品の構成の中で溶接構造が入ると、正確な寸法を出すために、精度を高める部品加工の指示が出ることがあります。精度の高い部品は難易度が高ければ部品コストが高くなってしまいます。しかし、設計図レベルで部品を見直したとき、精度の指示を減らして、結果的に部品コストを下げることが出来ます。
溶接部品のコスト費用削減は当社にご相談ください。