板金の塑性加工は大阪のフェックにお任せ下さい

板金の塑性加工は大阪のフェックにお任せ下さい

薄く平らに形成した金属である板金を省力化機械の部品に使用する際に、ブラケットなどで使用する場合、曲げ加工を行うのですが、これは塑性加工と言われる加工方法で、アルミや鉄、ステンレスなど金属材料が持つそれぞれの加工硬化特性に合わせて加工します。金属材料に力を加えて変形させてた後に、力を抜くと元に戻ることを弾性と言いますが、元に戻らないまで力を加えることを塑性(そせい)加工といいます。一般的な板金の曲げ加工はベンディングという曲げる加工機械を使用して、弾性を計算しながら曲げ加工を行います。ちなみにゴムのように強く引っ張っても元に戻るような性質の材料には塑性加工はできません。当社ではこれまで板金の塑性加工の実績が多数ございます。短納期での板金加工は大阪のフェックにお任せ下さい。