治具

ステンレスの治具の金属加工 金沢


治具

金沢のお客様よりご依頼頂きました。
ステンレスの金属加工で放電加工機による細穴加工とボール盤のタップ加工が中心の加工となります。

【工程】

  1. ステンレス鋼材をフライスにて角引き
  2. 細穴放電加工機にて細穴加工
  3. フライスにて形状加工
  4. ボール盤にてタップ加工
  5. 研磨機にて最終研磨

H7という精密性が求められる細穴加工なので、外注の加工業者を使って確実に高精度な加工をしてもらいます。
また研磨面にも精密さが求められますので、気を付けて高精度な加工を行います。
多数の協力会社がありますので、どんな加工にも対応することができます。
また与えられた時間によって、分業と外注を使い分け、より良い価格でのご提供ができるよう気を付けています。