シャフトホルダ

ステンレスのシャフトホルダの旋盤加工 大阪


シャフトホルダ
大阪のお客様より、ステンレス鋼を使ったシャフトホルダの金属部品加工依頼をいただきました。
旋盤加工やボール盤による切削加工などを行い、部品を製作しました。

【工程】

  1. 旋盤を使い、形状加工
  2. フライス盤を使って形状加工
  3. ボール盤を使ってタップ加工

表面粗さに三角記号が記載されているものは、研磨レベルに表面粗さを綺麗にするように気を付けます。
精密加工にあたっては製品の見た目も重要です。弊社では傷ができるだけ付かないような努力と工夫を材料購入時から行っています。