ブッシュホルダー

アルミのブッシュホルダーの金属加工 京都


ブッシュホルダー

京都のお客様よりご依頼頂きました。
アルミ材を使用した金属加工で、旋盤とフライスによる形状加工が中心の加工となります。

【工程】

  1. 旋盤にて形状加工
  2. フライスにて形状加工

旋盤での形状加工を行う際に、切削面を綺麗に仕上げることに特に気をつけております。
こちらのアルミ材を使用したブッシュホルダーの金属加工を行う作業者が多能工の為、
一人で全ての工程をやりきることにより時間短縮を図ることができ、短納期での加工が可能となっております。
当社ではアルミ材以外にも、鉄材やステンレス材を使用した金属加工や板金加工、樹脂加工等も扱っておりますので、
部品加工業者をお探しのお客様はご相談くださいませ。