アルマイト加工

アルマイト加工とは


アルマイト加工
アルミを使った金属部品加工表面処理では定番のアルマイト加工。
アルマイトとは何か、表面処理後の金属部品にどのような効果をもたらすのか、ご紹介したいと思います。

アルマイトとは、アルミニウムの陽極酸化被膜のことです。アルミはそのままの状態でも、表面に薄い酸化皮膜を生成します。
表面処理加工をしなくとも、よりは腐食に強いですが、素材の性質上傷つきやすく、熱などの環境の変化にも弱い金属です。
そこで、その酸化皮膜を人工的に加工することで厚くし、アルミニウムの耐食性や耐摩耗性を向上させることを目的とした表面処理が、アルマイト(陽極酸化被膜)です。

アルマイトは、一般的なめっき加工とは異なります。
一般的なめっき加工は、金属の表面に目的に応じて別の金属を被覆し、地金属を腐食から防ぐことを目的とした表面処理方法ですが、
アルマイト加工は、アルミそのものの表面を酸化させ、性質を変化させる表面処理方法です。

弊社のアルミの金属加工の仕上げで度々行っている白アルマイト加工とは、アルミ本来の色を用いてアルマイト加工を行います。
白アルマイト以外にも、有機染料を使ってアルマイト加工を行う、カラーアルマイト加工というものもあります。

機械部品加工では、主に耐食性や耐摩耗性の向上のためにアルマイト加工を行いますが、同時に美観の向上を図ることが出来るため、
質の良い部品の製作を行うためには、アルマイト加工は欠かせない表面処理なのです。