リブ

アルミのリブのフライス加工 京都


リブ
京都のお客様より、アルミのリブ部品の金属加工依頼をいただきました。
A5052アルミ合金を使用し、フライス加工やマシニングセンタによる加工を行い、部品製作を行いました。

【工程】

  1. フライス盤を使って角引き
  2. マシニングセンタを使って形状加工
  3. ボール盤を使ってタップ加工

切削加工後、白アルマイトによる表面処理を行いました。
今回の部品のような、手作業による穴あけ加工を行う際には、必ず寸法を確認し、機械加工に負けない精度で穴を開けるように心がけています。
機械加工でできない加工については、専用機や専用治具を自分たちで製作して加工を行うことができます。
当社はケースバイケースで最も効率の良い加工方法を選択し、低価格かつ短納期での部品製作を実現しております。