吸着テーブル

アルミ(A5052)のボール盤加工による吸着テーブルの製作 大阪


吸着テーブル
今回も前回に引き続き、別部品の吸着テーブルの製作依頼をいただきました。
アルミ(A5052)を使用した機械加工となります。
マシニングセンタを用いて形状加工、穴加工を行い、その後ボール盤を使ってタップ加工を行いました。

【工程】

  1. マシニングセンタによる形状加工
  2. マシニングセンタによる穴加工
  3. フライス盤による穴加工
  4. ボール盤によるタップ加工

白アルマイトメッキ加工を表面処理として施しております。
カートリッジヒーターの入る横穴の加工は、深さも公差もあるので特に気を付けて部品加工を行います。
弊社だけで加工できない部品に関しては、協力会社に加工依頼を行いますが、
できる限り効率の良い分担を行うことで、お客様に早く安く製品をお届けできるように努力しています。