軸受

アルミ(A5052)のスロッター加工による軸受の製作 大阪


軸受
大阪のお客様より軸受部品の製作依頼をいただきました。
材料にはアルミ(A5052)を使用した金属加工となります。
主な機械加工は、フライス加工、マシニング加工とスロッター加工となります。

【工程】

  1. フライス盤による角引き
  2. マシニングによる形状加工
  3. スロッターによるキー溝加工
  4. ボール盤によるタップ加工

表面処理として、白アルマイトメッキ加工を行い、綺麗に仕上げています。
スロッター加工を行う際には、キッチリと寸法通りにキー溝加工を行います。
公差については、状況に応じて適当な公差で加工することができます。
そのようなことが出来るのも、設計から据付まで一貫して受注してきたノウハウがあるからこそです。
大阪の部品加工の製作はフェックにお任せください。