カメラプレート

アルミのカメラプレートのフライス切削加工 鳥取


カメラプレート
鳥取にございますお客様より、アルミのカメラプレートの部品加工のご依頼を頂きました。
材料にはアルミを使用し、フライス盤を使用した切削加工が中心の加工となります。

【工程】

  1. フライス盤を使用して角引き
  2. フライス盤を使用して形状加工
  3. マシニングセンタを使用して穴加工
  4. ボール盤によるタップ加工

アルミ材を使用した機械加工です。カメラプレートの表面には白アルマイト処理を行うことで、美しい仕上がりとなりました。
フライスで切削加工を行う際には、切削綿の表面が粗くならないように気をつけて加工しております。
出来る限り、筋などの刃物による加工痕が表面に出ないよう、スパッと切れる刃物で加工しております。
弊社では、高精度の加工を常に行えるよう、使用器具のメンテナンスは欠かしません。常に高品質の加工部品をご提供致します。