プレート

アルミプレートの機械加工 奈良


プレート
奈良のお客様より、アルミ素材を利用した機械加工のご依頼を頂きました。
アルミの金属加工でマシニングによる形状加工と穴加工、ボール盤によるタップ加工が中心の加工となります。

【工程】

  1. フライス盤を使用して角引き
  2. マシニングセンタを使用して形状加工
  3. マシニングセンタを使用して穴加工
  4. ボール盤を使用してタップ加工

材料にはアルミ材を使い、表面処理として白アルマイトによるメッキ処理を施しております。
均一な深穴を開ける必要がある加工ですので、穴加工を行う際には段取りに注意し、丁寧な作業を心がけています。
材料を選択する際には、費用対効果を第一に考え、ファインカット剤にするか、フライス盤で角引きするかを決めます。
お客様にとって最良の選択になるよう、常に心がけています。