ステージベース

アルミのステージベースのマシニング異種加工 大阪


ステージベース
大阪のお客様より、アルミを利用したステージベースの製作依頼を頂きました。
アルミの金属加工でマシニングセンタを使用した切削、穴あけなどの異種加工となります。

【工程】

  1. フライス盤を用いて角引き
  2. マシニングセンタを用いて形状加工
  3. マシニングセンタを用いて穴加工

材料にはアルミ材を使い、ステージベースの表面には白アルマイト処理によるメッキ加工を施しております。
切削を行うことで強度が弱くなるところは特に気をつけて加工を行っています。
弊社では加工の前には常にシミュレーションを行っておりますので、迷いがない丁寧な加工を行うことが可能です。