シリンダーベース

アルミのシリンダーベースのフライス切削加工 大阪


シリンダーベース
大阪のお客様より、アルミを利用したシリンダーベースの製作依頼を頂きました。
アルミの金属加工でフライス盤を使用した切削加工が中心となります。

【工程】

  1. フライス盤を用いて角引き
  2. フライス盤を用いて形状加工
  3. マシニングセンタを用いて穴加工
  4. ボール盤を用いてタップ加工

材料にはアルミ材を使い、シリンダーベースの表面には白アルマイト処理によるメッキ加工を施しております。
今回の加工の肝である段落としの部分は、特に綺麗に仕上がるよう気をつけております。
良い金属加工は緻密で高度な技術が必要です。弊社の加工を担当する技術者達は、常に良い部品を作り続けるために、
普段よりたくさんの良い部品を観察し、加工技術を日々磨いております。