接続板

アルミの接続板の金属加工 大阪


接続板
大阪のお客様より、アルミの金属加工のご依頼を頂きました。
マシニングによる穴加工と、ボール盤によるタップ加工が中心となる、アルミの接続板の金属加工です。

【工程】

  1. フライスを使用して角引き
  2. マシニングを使用して穴加工
  3. ボール盤を使用してタップ加工

こちらの製品も表面には白アルマイト処理を施しております。アルミ材を使用して製作した部品です。
ザグリ穴と呼ばれる、ネジ頭部を材料に埋め込むための穴の加工を行う際には、全てが均等な大きさとなるように気をつけて加工を行います。穴あけはマシニングを用いることが多いのですが、マシニングだけに頼るのではなく、汎用機も用いて効率よく部品加工を行っております。