移動プレート

アルミの移動プレートの金属加工 大阪


移動プレート
今回も大阪のお客様よりご依頼頂きました。
アルミの金属加工で、マシニングによる形状加工や穴加工、ボール盤によるタップ加工が中心の加工となります。

【工程】

  1. マシニングにて形状加工
  2. マシニングにて穴加工
  3. ボール盤にてタップ加工

材料にはアルミのA5052ファインカット材を使用し、表面処理として白アルマイト処理を施しております。
穴を開ける箇所が多い製品の加工です。今回のように似たような穴が多い場合は、必ずマーカーでチェックを行い、間違いが無いよう気をつけて加工を行っております。
手順をルーティン化し、同じルーティンをこなすことにより間違いを減らすようにしています。
また間違いが起きた場合は原因を追究し、改善されたルーティンをすぐに試し、今後間違いが起こらないよう徹底しております。