アルミ製ロータリーテーブルの部品加工


アルミ製ロータリーテーブル

検査装置や充填装置などは省スペース設計のためにロータリー機構を使用することが多く、その様な装置にはアルミ製のロータリーテーブルがよく使用されます。検査装置や充填装置は精密な装置ですから、ロータリーテーブルを加工する際の精度は、精密な精度を求められます。またアルミで作成する部品は傷が付きやすいので、慎重に取り扱いする必要があります。これらの注意点を踏まえて部品加工をすると、一般的にはコストが高くなりがちですが、当社ではこれまで多くのロータリーテーブルのアルミ加工を経験しておりますので、これまでのノウハウで安く短納期で部品を作成することが可能です。

短納期での加工依頼に対して

ロータリーテーブルは材料のサイズが大きいことが一般的で、材料の納入から加工工程を注意する必要がございます。また、アルマイト処理にも時間が必要です。それらを含めましても、装置の納入をお急ぎの方には何とか早く部品が必要だという気持ちも当社は理解しておりますので、最大限の努力でお客様のご希望にお応えしております。

大阪でのアルミ製ロータリーテーブルの部品加工は当社にお任せ下さい。