テーブル下

アルミのテーブル下の追加工 京都


テーブル下

京都のお客様よりご依頼頂きました。
アルミの金属加工でマシニングによる形状加工と穴加工が中心の加工となります。

【工程】

  1. 既存の装置に対して、マシニングによる形状加工
  2. マシニングにて穴加工

今回の加工は、前回紹介したアルミのテーブルの追加工と同様、既に出荷済みの装置に対して行う追加工となります。
追加工は、既存の部品の加工寸法との整合性が問われます。基準をしっかりと見極め、誤差の無い正確な加工を行うことが重要となります。
当社で制作した装置に対する追加工です。使用されている箇所や追加工の必要性を十分理解した上で加工を行いますので、短時間で正確な加工を行うことができます。