テーブル

アルミのテーブルの追加工 京都


テーブル

京都のお客様よりご依頼頂きました。
アルミの金属加工でマシニングによる形状加工と穴加工が中心の加工となります。

【工程】

  1. 既存の装置に対して、マシニングによる形状加工
  2. マシニングにて穴加工

今回の加工は、既に出荷済みの装置に対して行う追加工となります。
追加工は、製品仕様に合った部品を間違いが無いように作る必要があるため、正確な加工作業が必要になります。
また、納期要望に応えるためには、短時間での加工が求められます。
当社ではこれまでの金属加工のノウハウを活かし、お客様が希望する納期に応える部品作りを行います。