カテゴリー別アーカイブ: アルミ加工

軽金属であるアルミニウムの加工もお任せください

アルミニウムは、鉄や鉄を主成分とした合金以外の金属非金属材料です。

アルミニウムの他にも、銅やチタンも非金属材料にあたります。

鉄は、鉄鉱石から酸素を取り除いて(還元)取り出されます。

これど同様に、アルミニウムは鉱物であるボーキサイトから酸素を取り除いて(還元)取り出されるのですが、アルミニウムは酸素との結びつきが非常に強いため、電気分解が必要となります。

取り出す手間はかかりますが、軽さ・強度・耐食性・導電率・線膨張係数と熱伝導率・耐熱性・光沢や非磁性といった多くのメリットがあるため、鉄に次いで多く生産されています。

様々な部品や省力化機械にも軽金属のアルミニウムは欠かせません。

当社フェックでは、アルミニウムの加工使用用途から様々な素材を適切に選び製品を製作しています。

非鉄金属の部品加工もお任せください。

省力化機械の設計から錆び対策を考慮した部品加工をご検討の場合は、お気軽に当社フェックまでお問い合わせください。

アルミの機械部品を必要としている方に最適の部品加工の工場

アルミの機械部品を必要としている方に最適の部品加工の工場

アルミニウムは、加工機で切削する際に加工性が良く、金属の分類ではとしては軽量な材質であるため、機械装置の部品として多用されており、特に半導体関連の製造や検査装置に広く使用されている機械部品の材料です。
当社は大阪にあるアルミの機械部品を必要としている方に最適の部品加工の工場です。
当社屋は1Fが機械装置の組み立てができるスペースがあり、2Fは部品加工の為の切削機械が整備されています。当社のような工場では、2Fで製作した機械部品を1Fで組み立て調整することができるメリットがあります。このような当社のメリットに魅力を感じていただき、日々、様々な機械装置を部品加工から組み立て調整まで行っているのですが、中でも半導体関連の装置を製作することが多く、アルミ素材の部品も多数制作しております。当社にはアルミ鋼材の在庫もございますので、短納期での部品加工にも対応可能です。アルミの機械部品を必要としている方は是非一度、当社にお見積りをご相談ください。納期と価格と品質で、ご満足いただけることをお約束します。

アルミ製ロータリーテーブルの部品加工

アルミ製ロータリーテーブル

検査装置や充填装置などは省スペース設計のためにロータリー機構を使用することが多く、その様な装置にはアルミ製のロータリーテーブルがよく使用されます。検査装置や充填装置は精密な装置ですから、ロータリーテーブルを加工する際の精度は、精密な精度を求められます。またアルミで作成する部品は傷が付きやすいので、慎重に取り扱いする必要があります。これらの注意点を踏まえて部品加工をすると、一般的にはコストが高くなりがちですが、当社ではこれまで多くのロータリーテーブルのアルミ加工を経験しておりますので、これまでのノウハウで安く短納期で部品を作成することが可能です。

短納期での加工依頼に対して

ロータリーテーブルは材料のサイズが大きいことが一般的で、材料の納入から加工工程を注意する必要がございます。また、アルマイト処理にも時間が必要です。それらを含めましても、装置の納入をお急ぎの方には何とか早く部品が必要だという気持ちも当社は理解しておりますので、最大限の努力でお客様のご希望にお応えしております。

大阪でのアルミ製ロータリーテーブルの部品加工は当社にお任せ下さい。