カテゴリー別アーカイブ: 加工実績

熱処理の方法

金属材料に熱を加えたり(加熱)、冷やしたり(冷却)して材料の性質や硬度を変えることを熱処理といいます。

熱処理の方法には、硬くしたい時は「焼入れ・焼き戻し・高周波焼入れ・浸炭」、軟かくしたい時は「焼なまし」、金属組織の乱れを直したい時は「焼ならし」など色々と種類があります。

また、この他にもマルテンパ(マルクエンチ)、オーステンパ(ベイナイト焼入れ)、サブゼロ処理(深冷処理)、パテンティングといった特殊な熱処理方法がございます。

いずれも、熱による結晶構造や性質の変化を利用し、加熱・冷却の処理を施すことで、硬さなどの機械的性質を変えていくのです。

省力化機械には、熱処理によって加工された多くの部品が使用されています。

当社フェックでは、1970年の創業より部品加工から大規模な省力化機械の導入まで豊富な実績があり、日々使用用途から様々な素材を適切に選び製品を製作しています。

省力化機械の設計から錆び対策を考慮した部品加工をご検討の場合は大阪のフェックにお任せ下さい。

 

材料の溶接加工について

溶接とは、材料に圧力や熱、またはその両方を加えてつなぎ合わせ、一体化させる加工方法です。

溶接法を細かく分類すると、融接・圧接・ろう接の3つにわけられます。

そして、融接方法の中で、代表ともいえるのがアーク溶接です。

アーク溶接とは気体放電現象の一種で、電極と母材(溶接される材料)の間に発生させたアークの高熱により接合部を溶接する方法です。

さらに、アーク溶接は、溶極式か非溶極式かによって、被覆アーク溶接、マグ溶接・ミグ溶接、ディグ溶接などの様々な溶接法にわかれます。

溶接は、電子部品のような細かなものから自動車や橋など大きなものまで、実に幅広く用いられていますが、材料によっては、高熱によって劣化したり、性質が変化してしまうものもございますので、注意が必要となります。

当社フェックでは、1970年の創業より部品加工から大規模な省力化機械の導入まで多数の実績がございます。

金属の加工をはじめ、機械・工具に関する知識や経験も豊富にございますので、

省力化機械の製造や設計だけでなく、部品加工をご検討の場合も、ぜひ当社フェックにご相談ください。

金属加工の機械と工具

製品を製造するまでには、主に3つの手法があります。

・除去加工

材料の不要な部分を除いて形状を与える加工方法(切削・溶断・エッチングなど)

・付加加工

材料に他のものをくっつけたりして形をつくる加工方法(溶接・接着・組立など)

・変形加工

材料に変形をあたえて形をつくる加工方法(鋳造・粉末成形・塑性加工など)

金属加工をおこなう際は、使用する材料の選定が非常に重要です。

そして、それと同様に重要なのが、加工機械(造形機)や加工工具(型)選びです。

たとえば、除去加工にあたる切削加工をおこなう場合、使用する造形機は材料の強度や大きさなどを考慮して設計されているものでなければなりません。

また、造形機にとりつける型によって、材料の精度や耐久性が左右され、製品の品質やコストに影響を及ぼすことがございます。

そのため、長年の知識や経験が必要とされます。

当社フェックでは、1970年の創業より部品加工から大規模な省力化機械の導入まで多数の実績がございます。

そのため、材料や加工機械・工具に関する知識や経験も豊富にございます。

省力化機械の製造や設計だけでなく、部品加工をご検討の場合も、ぜひ当社フェックにご相談ください。